「サッカー界で飯を食う」ことに関してようやくスタートラインに立てた1人のサッカーバカの奮闘記 将来はピッチサイドで君が代を歌いたい!!
by heart-of-champion
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
自己紹介+α
★山崎純 1986年6月生まれ。
6月生まれだから名前は・・・
富山県出身。12歳の時、地元選抜チームの一員として参加したイタリア遠征でカルチョ(サッカー)、フィオレンティーナ、フィレンツェ、イタリアのとりこになる。以後、サッカーで飯を食いたい、いつかイタリアで働きたいという夢が膨らみ始める。

★富山県立伏木高校→京都学園大学(中退)  高校時代の大怪我をきっかけに、サッカーの世界で人を支える仕事がしたいと思い始める。京都パープルサンガが運営しているインターン制度を利用すれば何か始まりそうな気がしたので京都へ。インターン中、多くの人に出会う。本田圭佑ともこの頃出会う。

★2005年夏、本田からオファー。
・即、受託
いろんな不安はあったが、一人の人間として尊敬している本田の力になりたいと思った。またサッカー界は毎年求人があるわけでもなく、大学を卒業した時にやりたい仕事をできる保障はない。それならこのチャンスに飛び込むしかないと思った。
・2005年夏、2度目のイタリア・フィレンツェへ~
マネージャー業を始める前に、自分の将来やりたい仕事(ホペイロ)が確立されている、イタリアで目標を再認識する必要があると思った。
言葉も右も左もわからない、知り合いもいない土地でカルチョ漬けの日々を堪能、ますます夢が広がる。

★2006年2月、本田圭佑の専属ライフマネージャー(契約以外の事で本田をサポート)として契約。 どこかの事務所から派遣されプロモーション的な業務を担当するのではなく個人事業として本田と契約、サッカーだけに集中させるための環境を提供する。
・生活をサポートするためのマネージャーの存在は南米や欧州では当たり前らしい。

★本田との契約はとりあえず1年。
来年の今頃、自分が何をしているかかは全く想像がつかない。欲を言えば、チームの一員として戦うことが夢だからグラウンドで働きたいし、ホペイロになりたいけれど・・・そんな甘くはないよなぁ↓  今やっている仕事を無駄にしないための方法も模索中です。

最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
lark
from lark
custom kitch..
from custom kitchen..
hayabusa part
from hayabusa part
cheap hotel ..
from cheap hotel de..
f02hkzay
from f02hkzay
f02hkzay
from f02hkzay
f02hkzay
from f02hkzay
huido iwe
from iluge zior
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧